CS KANEDA 営業イベント案内

営業日・各種イベント・近況などをお知らせします。

フルクラム【レーシング4DiskBrake】

FLCLUM RC4DB

TREK Domane ALR5 Disk のホイールをアップグレード
タイヤはサーファスのSECA RS 25C、チューブは軽量なPanaracer R-Airをセットしました。
ホイールセットでフロントが1556g→1296g、リヤが2145g→1694gと700g以上も軽くなりました。



フルクラム【Racing4DBホイールセット】=F:835g・R:944g
価格は、52,800円(税別)
SECA RS 25Cタイヤ=一本243g
R-Airチューブ=79g



ボントレガーオリジナルホイールセット
タイヤ+チューブ+スプロケット+ブレーキディスク一式
リヤセット=2145g



RC4DBホイールセット
リヤセット=1694g



ボントレガーオリジナルホイールセット
タイヤ+チューブ+ブレーキディスク一式
フロントセット=1556g



RC4DBホイールセット
フロントセット=1296g

コンポーネンツの換装

Campagnolo POTENZA11s

56シリーズ105コンポからのアップグレードのご相談を受け、デザインやカラーコーディネイトを考えて、トラディショナルなシルバーカラーがバリエーションにあるカンパニョーロのPOTENZA11sに決定。
パーツが揃ったので作業開始です。


まずは、再利用するバーテープやコモなアクセサリーを取り外し、交換する現行の105コンポ一式を外します。



全て取り外したら、隠れていたフレームの細かい部分をキレイにします。
【追記】ホイールは前回にアップグレードした【 FULCRUM Racing3 】を使用しますが、カンパニョーロとシマノスプロケットには互換性が無いのでフリーボディをカンパニョーロ仕様に交換が必要です。
(ハイグレードなホイールの場合は、オプションでフリーボディの交換が比較的簡単にできます。)



POTENZAのコンポーネンツを取り付けたところで本日は終了。
【追記】翌日、レバー部に若干余裕を持たせホワイトのアウターでケーブルをセット。26日(日)ご来店のお客様と相談してレバー位置を合わせ、バーテープをまき直します。

AlexRims ALX473EVOホイールセット

ALEXRIMS ALX473EVO

ACLASS 改め アレックスリム のハイコストパフォーマンスなロードホイールセット【ALX473EVO】をメインにホイールアップグレード作業の仕上げを行いました。
販売価格:\47,000(税別)

アレックスリム【ALX473EVO】インプレッション

ホイール換装するのは【TREK Domene2.3】
アルミフレームに衝撃緩衝システムの【IsoSpeed】搭載し、105コンポを組み込んだエンデュランスロードモデルです。

タイヤとチューブは、前回メンテナンス時にハイグレードなものに交換していますので、そのまま移植しました。
スプロケットは、標準でワイドレシオな11-32Tが付属していたので、より扱いやすいクロスレシオな11-28Tに交換。
交換後のホイール重量は、フロント約-350g・リヤ約-500gと前後でマイナス850gと大幅減となり、クロスレシオ化したスプロケットと共に軽快な走りを楽しめます。

ALX473EVOフロントホイールセット

フロントホイールセット重量:実測1050g



ALX473EVOリヤホイールセット

リヤホイールセット重量:実測1504g


セットされていたボントレガーオリジナルのエントリーグレードのチューブレスレディ対応ホイールは、予備用としてエントリーグレードのタイヤとチューブをセットします。

  • タイヤ【Serfas SECA】実測346g
    (スチールビートながら軽量でグリップの良いタイヤです)
  • チューブ【Serfas】実測107g
  • スプロケットシマノ11-32T】
  • フロントホイールセット重量【1398g】
  • リヤホイールセット重量【2006g】


フロントサスペンションフォークの交換

クワハラのフルサス・ミニベロ【Gaap】のRSTフロントサスをロックアウトとリバウンドアジャストができるSRサンツアー製のXCR32-LO-Rに交換しました。


ロードバイクの定番アップグレード


本日は、TCTカーボンシートステーを採用しているトレック2.1ロードのホイールを【FULCRUM Racing3 クリンチャーホイール】への交換です。
ついでに劣化したサドルと異音の出始めたペダルも交換します。


交換作業完了です。
ホイールは、オリジナルのSSR 前983g+後1256g=2239g からレーシング3 前703g+後971g=1674g へと軽量化。(QL込み重量)
RaceサドルとUltegraペダルの交換を含めて約700gの軽量化となりました。